Skip to content →

積み木遊び(3)

 
 だから、トヨタが刺された時は世界が終わるようだった。唐突に幕が落とされたように、目の前が真っ暗になる。全身の血がすとんと爪先まで落ちて、感覚が完全になくなった。視界が明るくなったときには、地面に血まみれの女が転がっていた。拳に赤黒い血がこびり付いていて、その汚らしさに吐き気を覚える。そうして、腕の中には、段々冷たくなっていくトヨタがいた。傷口を押さえた指の間から、赤い血が泉のように湧き出てくる。
 
 
 ああ、ああ、あぁあぁあああぁぁぁぁ、トヨタが死んでしまう。
 
 
 慟哭があがった。咽喉を嗄して叫ぶ。
 
 
「トヨタが死ヌ、ダラ、ボク、死ヌ!」
 
 
 僕の宝、僕の命、世界で一番大事な僕の子供――!
 
 
 
 
 
 
 救急車で運ばれている間も、僕は泣きじゃくっていた。だけど、救急隊員のたった一言が僕を現実に呼び戻した。
 
 
「お子さんの血液型は?」
 
 
 トヨタの血液型はO型だ。僕の血液型はAB型だ。別にただの血液型だ。血液型が違う親子なんて幾らでもいる。だけど、その瞬間に、僕はトヨタと自分が親子ではないことを痛烈に感じた。僕はトヨタの父親じゃない。父親ごっこにトヨタを付き合わせているだけの、ただの寂しい男だ。
 
 
 僕は、自分がどれほど脆い積み木の上に立っていたかに気付いた。トヨタと僕は、親子どころか本当は他人でしかない。気付いた瞬間、僕はもう打ちひしがれるしかなかった。僕の独りよがりにトヨタを巻き込んで、温かい養父母のもとで暮らすという未来を奪った。僕のせいで、トヨタは女に刺された。僕はトヨタの未来を食い潰す害虫だった。
 
 
 それでも、どうしても僕はトヨタを手放すことが出来ないのだ。僕は、トヨタを愛していた。それが親子の情なのか、それを超えたものなのか、もう自分自身解らなかった。僕は、トヨタを愛している、誰よりも。
 
 

backtopnext

Published in 朱色のワタシ

Top