Skip to content →

019 猫好きの男

 
 あるところに猫好きの男がいた。
 とある飲み会の途中で、無人島に行くなら何を持って行くかという話になった。
 
 
「御前は、猫を持って行くんだろう」
 
 
 という友人の揶揄に対して、猫好きの男は静かに首を横に振った。
 
 
「持って行かないよ。もし持って行くとしたら、やっぱり人かな」
 
 
 何でだよと問い掛けてくる言葉に対して、猫好きの男は唐揚げを奥歯の辺りで咀嚼しながら答えた。
 
 
「猫を食べちゃいたくないんだ。人間だったら、食べちゃってもそんなに悲しくないだろう?」
 
 
 飲み会の席が一気に寒い空気に凍り付いた。猫好きの男は、唐揚げを次から次へと口の中に放り込んでいる。
 
 
「人の肉って鶏みたいな味がするんだってさ」
 
 
 そう呟く声を聞きながら、こいつは猫好きじゃなくて人間嫌いなんだろうと思った。
 
 

< back ┃ top ┃ next >

Published in その他

Top